本文へジャンプ

トップページ > 職種とスタッフ 採用情報 > 人事労務

職種とスタッフ

職種紹介

2015年7月 更新

人事労務

人事労務部はどのような業務を行う部門ですか?

写真:社会保険労務士<br />宮川淳
社会保険労務士<br />宮川淳

お客様の人事労務戦略と日常の労務管理をサポートする部門です。サービスは大きくコンサルティングとアウトソーシングに分かれています。賃金・人事評価制度、退職金制度、就業規則の作成など人事制度全般の構築・見直しや随時発生する労使トラブルへの解決アドバイス提供などを行うコンサルティングサービス。毎月の給与計算、賞与、年末調整、随時発生する社会保険の入社・退職手続きなどを代行するアウトソーシングサービスです。我々が提供しているプロフェッショナル・サービスは多岐に渡っています。

人事労務部はどのような部門ですか?

向上心のあるスタッフが多いです。ルーティン業務だけでなく、創造性が求められるコンサル業務にもチャレンジしたいというスタッフがほとんどですので、事例研究など専門性を高めるための勉強会はいつも盛り上がっています。
それぞれが自分の担当クライアントに責任を持ち、積極的に先読みして行動していますが、横のつながりも大事にしています。スタッフ全員が集まる部門会議では、部門方針、営業情報、業務スケジュールなどの情報共有だけでなく、サービス改善にも積極的に取り組んでいます。
伸び盛りなスタッフ中心ですので、新しい人も溶け込みやすいと思います。

どのような方と一緒に働きたいですか?

どんなときでも明るく一緒にいて心地良い人ですね。一緒に働く仲間の状況に配慮し、敬意と感謝をもって接することができる人。よく言われる基本的なことですが、とても重視しています。自分が相手(=お客様)だったらどういうサービスを提供されたいか、いつでも他者目線の発想があたり前にできることがサービサーとして重要だからです。かつ、問題を恐れず挑戦していくという経験を通し、成長することができる人ですね。プロとして活躍する人は、専門的な知識を身に付けるだけでなく、謙虚に自分を客観視して、改善していける人だと思います。そんな向上心あふれる人と共に成長していきたいですね。

プロフィール

写真:社会保険労務士<br />宮川淳
人事労務部
シニアマネジャー
社会保険労務士
宮川淳
2005年12月入社

キャリア

外資系保険会社を経て人事労務コンサルタントを目指し、2005年12月にアクタスへ入社。2008年に社会保険労務士登録。
現在は、人事労務部門管理者としてスタッフとともに現場優先型のサービス提供に注力している。
中堅中小企業に対する人事制度の再構築、就業規則の策定支援等、人事労務コンサルティング業務に携わり、最近では企業再編に伴う統合人事などの案件にも関わる。制度設計にとどまらず、実際に現場で起きていることを感じ取り、常に顧客志向で問題の本質を理解した解決に取り組んでいる。

就職活動中の皆様へのメッセージ

「どの会社で働く」ということよりも、その会社が「自分を磨ける場所であるか」のほうが大事だと思います。活躍の舞台に上がれることを夢見ながら、その舞台に上がれる力を必死に磨いていく。自分の夢に向かって“継続的チャレンジ”のできる人、大歓迎です。

採用応募へ

このページのトップへ