本文へジャンプ

トップページ > メッセージ > 採用選考における基本姿勢

メッセージ

採用選考における基本姿勢

アクタスの採用に対する考え方

写真:粕谷直人
パートナー粕谷直人

私たちは、以下の方針に基づき採用活動を行っています。

  1. 通年採用を行い、常に門戸を開いていること
  2. アクタスをよく理解していただいけるよう、リアリズムに即して情報を提供すること

アクタスは、会計事務所、社労士事務所、コンサルティングファーム、アウトソーサーなど、さまざまな顔を併せ持つ組織です。
その中でも、特に会計事務所業界においては、税理士試験及び合格発表日の直後が主要な採用活動の時期になっています。そのため、就職を希望される方も採用する私たちも、限られた情報の中で、短期間のうちに大きな決断をしなければなりません。
私たちは、採用専用Webサイトを開設して情報をお伝えするとともに、会社説明会やオフィス見学会などを行うことによって有益な情報を提供するよう努めます。実際にご来社いただいた際は、Webサイトでは伝えきれない情報をお話し、オフィス環境をご覧いただき、実際に働いているスタッフと話していただくなどして、みなさまの判断に役立つ情報を提供できればと考えております。
また、採用選考の過程では、雇用する側にいる私たちが一方的にみなさまを選別するのではなく、面接などの対話を通じて、アクタスは応募者であるみなさまにとって働く場所としてふさわしい場所なのかどうか、仕事に対する価値観は一致しているかなどを、一緒に検討していく視点を大切にしたいと考えております。

求める人物像

就職希望者の方とお会いする時は、「向上心・やる気がある方かどうか」「コミュニケーション能力があるか」「明るい方かどうか」を確認しながらお話を伺います。資格の有無や経歴も確認しますが、重点を置くのは人間性、“人間力”です。

「向上心・やる気がある方」というのは、新しい事にチャレンジするために継続した努力を惜しまず、仕事に対して常に積極的に取り組んでいける力を持っている人という意味です。高い意欲をもった方は、アクタスでは早く・大きく成長し、知識や経験の差はすぐに埋まります。20代の方であれば、特にポテンシャルを重視します。

また、私たちの仕事は、クライアントと接する機会が非常に多いため、コミュニケーション能力も重視します。仕事を進めていく上でクライアントとの信頼関係を築いていくことがことのほか重要です。1本の電話、1通のメールでその関係が良くなることも悪くなることもありますので、クライアントと十分なコミュニケーションがとれる力を大切に考えています。
最後に、これも重要な要素なのですが、アクタスは会計事務所の「細かな数字を積み上げていく地味でどこか暗い印象」を払拭していきたいと思っていますので、やはり、入社して頂く方も、お客様や他のスタッフに対して明るい対応ができる方がいいですね。

就職活動される方へ

就職活動にあたっては、実際に、複数の同業他社のオフィスを見たり、話を聞いたりする事が大切だと思います。同じ規模の同じ業種の会社でも、得意とする専門分野、これから力を入れていこうとしている業務領域、ワークスタイルやカルチャーはさまざまです。最近では、Webサイトなどに多くの情報が掲載されているため、以前に比べて会社の特徴や雰囲気をイメージしやすくなってきたと思いますが、やはり実際に自分の目で見て、自分の耳で話を聞く事によってしか得られない情報もたくさんあります。
そうした体験で得られた情報も踏まえて、本当に自分のやりたい事が出来る場所を探してください。
私たちも、アクタスをよりよく理解していただけるよう努め、また、皆様に選んでいただける様な魅力ある組織作りを続けていきたいと思います。

共に働きたいと思ってくださる方は、いつでもご連絡下さい。ご応募お待ちしております。

このページのトップへ