本文へジャンプ

トップページ > 職種とスタッフ > スタッフインタビュー 採用情報 > 人事労務 シニアスタッフ 橋村麻由

職種とスタッフ

スタッフインタビュー

人事労務 シニアスタッフ 橋村麻由

2018年10月掲載

現在の仕事について教えてください。

クライアントの窓口となり、主に人事労務アウトソーシング業務を担当しています。月次では給与・賞与計算、退職金計算、社会保険の書類作成・届出を行っています。年次では、6月から7月にかけて労働保険年度の更新と社会保険の算定基礎届、12月に年末調整があります。これらの業務の中で、人事労務コンサルティングの依頼をいただくこともあり、就業規則など各規程の整備や改定、人事労務関係の相談などに対応することもあります。

就職先をこの業界に選んだ理由は何ですか?

将来どんなライフステージになっても長く働き続けられる業界をと考えて転職活動をしていたことと、一般企業ではなく、このような業界で働くことでたくさんの企業を知ることができると思い興味を持ちました。

アクタスに応募しよう(または、入社しよう)と思ったきっかけは何ですか?

私のような未経験者でも採用いただけるという懐の深さと、面接や採用時のやり取りを通して明るい雰囲気に魅力を感じて入社しようと思いました。

ポートレート

就職活動で苦労したこと・大変だったことはありますか?

志望動機、転職理由など自分の想いをうまく伝えることができず苦労したことを覚えています。当たり前のことですが、いくつか質問を想定して、その内容をまとめておきました。
ただ、アクタスの面接ではかなりリラックスした雰囲気を作っていただいて、緊張の中でも普段どおりに話すことができ、それもアクタスの良さなのではないかと今では思っています。

入社前、アクタスに対してどんなイメージを持っていましたか?

オフィス自体はクールでクリーンな印象がありましたが、面接や採用時のやり取りを通して明るい雰囲気のある方が多いイメージがありました。

アクタスはどんな事務所だと思いますか?

人間的に魅力的な方が多い事務所だと感じています。仕事ではクライアントや業務に対して真摯に向き合い、どんなに大変な業務であっても責任を持って取り組み、知識の向上にも熱心な方ばかりで刺激を受けることが多いです。その一方では、上司先輩後輩関係なくランチや夜飲みに行くことも多く、いい意味で仲が良く、プライベートでも付き合える最高の仲間に出会うことができたこともアクタスの魅力だと思います。

入社してこれまでで特に印象に残っていることは何ですか?

毎年秋に社員旅行があり、その幹事役である社員旅行委員を任せていただいたことです。
委員の仕事は通常の業務をこなしつつだったため、そのバランスを取ることが難しく、また旅行会社との折衝も大変苦労した思い出がありますが、旅行後に「楽しかった」「おつかれさま」とたくさんの方に声を掛けていただき、迷いながらもやってよかったなと思いました。それもあってか、その年のクリスマスパーティーにてベストグロース賞をいただけたことも、大変ありがたく印象に残っています。

最後に就職活動中の皆様へメッセージをお願いします。

私は人事労務に関して知識も実務も全くの未経験で入社させていただきました。アクタスは社内研修制度が整備されており、先輩方・上司の方からも丁寧でしっかりとしたOJTやサポートをしていただきながら働くことができたため、未経験ながらも安心して働くことができました。また、未経験者・経験者関係なく、クライアント対応、セミナー講師、社内業務などさまざまな経験をさせていただける環境もあります。業務が忙しく心が折れそうになることもありますが、明るく前向きに業務に取り組み、オンオフどちらでも気持ち良く付き合うことのできるスタッフや上司がいる職場はなかなかないのではと感じています。楽しく一生懸命働きたい方、ぜひ一緒に頑張りましょう。

オフタイム『ライブ』

写真:

休日は旅行やライブに行くなど、アクティブに過ごしています。先日は、部門や職位を越えて集まりライブに行きました。このように休日でも集まって素敵な時間を共有できる仲間ができることもアクタスの魅力だと感じます。

このページのトップへ