本文へジャンプ

トップページ > 職種とスタッフ > スタッフインタビュー 採用情報 > 国内税務 スーパーバイザー 山田真穂

職種とスタッフ

スタッフインタビュー

国内税務 スーパーバイザー 山田真穂

2018年10月掲載

現在の仕事について教えてください。

現在の主な仕事は、法人の税務顧問と決算申告です。また、個人の確定申告も担当します。日常的には、クライアントの会計データに誤りなどがないか、注意すべき事項がないかなどを確認し、税務に関する相談に対応しています。決算前には着地見込、納税額がいくらくらいになるかなどシミュレーションをし、クライアントと打合せをしながら、対策すべき事項がないか検討します。その後、申告期限までに、税務申告書を作成し、申告書を提出します。

今の仕事のやりがいは、どのようなところですか?

クライアントに「ありがとう」と言ってもらえる瞬間です。例えば個人事業者や小規模法人などの中には、会計や税金について不安を感じている方がとても多い印象があります。クライアントが不安に感じていることなどをヒアリングした上で、その対策をした結果、安心し、納得していただいたときは、この仕事をしていてよかったと感じます。また、大きな法人の難しい問題に直面した時は、とても大変ですが、解決できたときは達成感と自身の成長を感じることができます。

今の仕事で大変なところはどのようなところですか?

法人の決算が集中する時期は、複数の法人を同時に、かつスピード感を持って対応しなければなりません。帰宅する時間が遅くなる日が何日も続くことがあり、そんな中で、ミスをしないよう集中力を保って仕事をしなければならない時はとても大変です。ただ、一人に業務が集中しないように管理者が配慮してくれていますし、そんな時期はみんな忙しいので、助け合いながら毎年繁忙期を乗り越えることができます。

ポートレート

仕事をしていく中で気を付けていることや意識していることはありますか?

アクタスでは、個人から上場企業まで、また様々な業種のクライアントがあり、そのニーズは様々です。クライアントが今何を求めているのかを、会話やメールの中から理解し、的確に求められている情報や解決策を提供できるように心がけています。クライアントと仕事に関係のない世間話をすることもありますが、その中で気づくことも意外に多く、有益な情報を提供できるように心がけています。

入社してこれまでの仕事で特に印象に残っている出来事はありますか?

ミスをしてしまい、落ち込んだことがありました。その時、上司がなぜこのようなことになったのかを一緒に考え、注意すべきところ、また今後の課題について率直に指摘してくれました。また、同僚が落ち込む私を気遣い、声をかけてくれたことがとても印象に残っています。そんな厳しさと優しさを兼ね備えた上司や同僚と仕事ができることに感謝しています。

仕事以外で特に印象に残っている出来事はありますか?

アクタスは、社員旅行や繁忙期後の打ち上げ、部活動など仕事以外の行事がたくさんあります。特にお酒を飲む機会では、上司や部下、部門の垣根を越えて楽しい時間を過ごすことができます。仕事中には見ることができない姿を見ることができ、自然と距離が縮んで、翌日からの業務をより良い関係性で進められることを実感することが多々あります。

今後の目標を教えてください。

今後は今まで携わったことのない業務にも積極的に手を挙げて、幅広く、そして深みのある知識を身に着けたいと思います。アクタスは、やりたいと思うことを、やりたいようにやらせてもらえる風土があるので、新しい仕事にも携わっていきたいと思います。

最後に就職活動中の皆様へメッセージをお願いします。

アクタスには、その人の経験に応じた研修制度があり、経験者も未経験者も安心して入社できる準備が整っています。また、パートナーとスタッフの距離がとても近く、風通しの良い事務所です。自分らしく仕事ができる自由さと、組織の強みが共存した職場で、明るく向上心のある新しい仲間と一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

オフタイム『旅行』

写真:

旅行が好きなので、毎年秋ごろの比較的業務が落ち着く時期に旅行に出かけています。昨年の秋にはモロッコに出かけました。写真はラクダに乗ってサハラ砂漠で朝日が昇るのを見た時の写真です。日常と全く違う広大な景色の中で異文化に触れることは、刺激と発見の連続で、視野が広がる感覚がとても好きです。こういった経験が、何かの形で仕事に繋がればいいなと思っています。

このページのトップへ